プライバシーマークの基礎知識 TOP > コンテンツ一覧 > プライバシーマーク制度の認定基準

プライバシーマーク制度の認定基準

一定の基準において適切に個人情報を取り扱っている企業や事業者に対しては、プライバシーマーク制度に乗っ取ってプライバシーマークを進呈されます。これを得た企業、事業者に関しては適切なプライバシー管理をしているということを専門機関を通じて認められたことになり、信頼のできる企業とも言えます。

プライバシーマーク制度の認定される基準としては、日本工業規格のJIS15001をベースに、下記の法律も含めて厳しい基準を設けています。

・個人情報保護法
・各省庁が作成した個人情報保護法に関するガイドライン
・地方自治体による個人情報関連の条例

各企業、事業主は申請を行って認定されることで、プライバシーマークを自社のパンフレットやホームページなど、公の場で使用することができます。こうしたことで個人情報の安全な取り扱いを行っていることを社会に対してアピールできるというメリットがあります。

自社の顧客はもちろん、取引先や金融機関など、信用がものをいう相手に対してアピールできると取引に有利に働くこともあります。そういう事情から各企業は信頼と目に見えない利益を得ることができ、クライアントも自分たちの情報を適切な管理で行っている企業ということで安心して取引ができます。

    人気サイトのリンク集

  • いらなくなってしまった不用品がたまりすぎてしまったなど奈良や京都で不用品回収をしてほしい方におすすめなのが、奈良クリーン.comです。奈良クリーンさんでは個人宅はもちろんのこと、企業や遺品整理など使わなくなってしまったものがあればぜひともご相談してみて下さい。

ページトップへ戻る
Copyright(C) プライバシーマークの基礎知識 All Rights Reserved.