プライバシーマークの基礎知識 TOP > コンテンツ一覧 > プライバシーマークの運用実態

プライバシーマークの運用実態

プライバシーマークを取得している企業や事業主は、個人情報の取り扱いに関して外部の厳しい審査を通過したものとして認められたことになります。その一定の審査を受けた後も企業は実際、しっかりと個人情報を取り扱っているのかは気になる所でしょう。

プライバシーマークの取得事業者は個人情報保護法などを含めた一定の基準を満たして認定される訳ですが、その後、その基準に反した個人情報の取り扱いを組織的に行っている企業はプライバシーマークの使用を取り消される措置を受けています。
これはかなり厳しく2006年に708件もの個人情報を含んだ書簡、FAX、メールの誤配があり、その都度処分を受けています。処分にもいくつかの対応方法がありますが、もっとも重い処分としてはプライバシーマークの取り消し処分を受けています。

プライバシーマークを取り消された暁には、当該違反事業者名をJIPDECのホームページ上に公表されることになります。
もともと信頼を集める為にプライバシーマーク付与事業者として申し込んだはずが、逆に大きく信用を失うことになります。

また、法人の場合は合併や吸収、清算などの理由でプライバシーマークの使用を取りやめることもあります。

    この記事を見た人はこちらも見ています

  • 福岡で評判のいい不用品回収会社はクリーンアースにお願いしてみてはいかがでしょうか。個人での引っ越しやオフィス移転などの不用品処分などに力になってくれます。また、定額の積み放題プランなども有るため、明確な金額で処分してもらえます。遺品整理士もいるので、遺品整理なども行っていただけるので、気になる方はぜひご相談してみて下さい。

ページトップへ戻る
Copyright(C) プライバシーマークの基礎知識 All Rights Reserved.